基礎編

7CM理論の基礎編。

  • 7CM理論-中心音と調性

    7CM理論-中心音と調性

    新公理系音楽理論 -7 Color Materials-の調性篇です。手始めに、本理論のコアな部分となる中心音と調性について、小説ムジカのイメージも交えつつ記述しています。 ※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • 7CM理論-キーと調性の表記

    7CM理論-キーと調性の表記

    新公理系音楽理論 -7 Color Materials-の調性篇です。楽曲の性質を示すキーや、似た言葉である調性について考え方と表記の仕方を記述しています。 ※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • 7CM理論-7CM

    7CM理論-7CM

    新公理系音楽理論 -7 Color Materials-の調性編の7CM基本編です。7CMの立て付け等の概念について記述しています。 ※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • NM(ナチュラルメジャー)

    7CM理論-NM(ナチュラルメジャー)

    新公理系音楽理論 -7 Color Materials-の調性編の7CM基本編です。7CMの1つである「NM(ナチュラルメジャー」についての説明です。サンプル音源と聴感、性質、光彩、鏡調性について記載しています。 ※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • 7CM理論-Nm(ナチュラルマイナー)

    新公理系音楽理論 -7 Color Materials-の調性編の7CM基本編です。7CMの1つである「Nm(ナチュラルマイナー」についての説明です。サンプル音源と聴感、性質、光彩、鏡調性について記載しています。 ※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • 7CM理論-HM(ハーモニックメジャー)

    新公理系音楽理論 -7 Color Materials-の調性編の7CM基本編です。7CMの1つである「HM(ハーモニックメジャー」についての説明です。サブドミナントマイナーの空気感。サンプル音源と聴感、性質、光彩、鏡調性について記載しています。 ※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • 7CM理論-Hm(ハーモニックマイナー)

    新公理系音楽理論 -7 Color Materials-の調性編の7CM基本編です。7CMの1つである「Hm(ハーモニックマイナー」についての説明です。短調ドミナントのキツくて暗い空気感。サンプル音源と聴感、性質、光彩、鏡調性について記載しています。 ※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • 7CM理論-MM(メロディックメジャー)

    新公理系音楽理論 -7 Color Materials-の調性編の7CM基本編です。7CMの1つである「MM(メロディックメジャー」についての説明です。どんよりした中にある明るさの空気感。サンプル音源と聴感、性質、光彩、鏡調性について記載しています。 ※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • 7CM理論-Mm(メロディックマイナー)

    新公理系音楽理論 -7 Color Materials-の調性編の7CM基本編です。7CMの1つである「Mm(メロディックマイナー」についての説明です。暗く短調漂う中、どこか前向きな空気感。サンプル音源と聴感、性質、光彩、鏡調性について記載しています。 ※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • 音楽的音の分解

    7CM理論-音楽的音の分解

    音楽は何から成り立っているか、音楽の構成要素を分解して性質を探っていく章のはじめ。キーワードは簡易度数類と光彩。
  • 調性柱

    7CM理論-調性柱(モード)

    完全5度(3倍音)を元に自然な調性を作ってみると、どこかで完全5度を妥協し減5度とすることで7音巡回する7CMが生まれる。どこでこの完全5度の柱をねじれさせるか、でモードがすべて作られる。もっとも自然な形がモードのダイアトニック型であり、その中に光彩が見えてくる。
  • 光彩

    7CM理論-光彩

    前回までに「音楽要素の分解、簡易度数類×光彩」「調和のとれる調性柱を作る過程で生成されるモード」を見てきた。今回は本論、光彩という概念についての説明。NMとNmを裏返す主光彩(主明度・主輝度・主彩度)の動機から、各光彩の定義まで記述。
  • 基本引力

    7CM理論-基本引力

    調性音楽の音に働く引力を見る前に、音自体の引力について見ていく。引力の原理としては、補正引力、5度下引力、隣接音引力の3種類がある。これらが調性内に持ち込まれたときに、機能というものが発足する。
  • 調性引力

    7CM理論-調性引力

    前回までに見た音楽の中で働いている引力、これを調性の世界に展開する。調性引力は調性内の音を求める引力をベースに①中心音引力、②5度下引力、③隣接音引力を大きく3つ存在する。これらのかみ合わさった形として今後機能や調性引力という概念に発展していく。
  • 機能分類

    7CM理論-機能分類

    前回までに定義した7CM内に生じる引力を元に、7CMの機能を分類していく。観点は中心音とその関係。ここではT,D,d,L,l,S,sを引力性質を元に定義する。最終的には従来のT,D,S,SDm,Dm等を分解していく。
  • 機能の正体1概要動機編

    7CM理論-機能の正体(概要・動機編)

    7CM調性内の音たちに対し、現実的・実践的に機能を考える単位とその概念について記述していく。まずは概要と動機について記述する。
  • 機能の正体2詳細篇

    7CM理論-機能の正体(詳細編)

    7CM調性内の音たちに対し、現実的・実践的に機能を考える単位とその概念について記述していく。機能は単音が持つ。そして複数の音は次のように単音と見なす。①ベース域のものは単音とする②音をいくつか束ねて単音と見なす。このとき束ね方で和音の「感触」を持つことになる。
  • 7CM理論-Ion(アイオニアン)

    新公理系音楽理論 -7 Color Materials-の調性編の7CM基本編です。7CMの1つである「Ion(アイオニアン」についての説明です。 ※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • 7CM理論-自然調性(NM/Nm)

    新公理系音楽理論 -7 Color Materials-の調性篇です。今後各調性の評価基準となりうる自然調について定義し、その「自然さ」を評価します。 ※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • 7CM理論-調性重力と剥離

    前回定義した「自然調性」の外に位置する音、剥離音。またこれを含む7CMに働く調性重力について書いています。※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。
  • 7CM理論-ダイアトニック型閉包

    調性を感じているときに、すべての音を聞いていなくても心の中で補完されている音があります。心が勝手にその音を補完することを閉包と呼び、ここから多層調性や転調といった各種根拠につながっていきます。※記事の構成、内容、公開スコープは予告なく変更することがあります。

サイトトップ > Note of the 7CM. > 基礎編