引力と機能

7CMの引力と機能の説明。

  • 基本引力

    7CM理論-基本引力

    調性音楽の音に働く引力を見る前に、音自体の引力について見ていく。引力の原理としては、補正引力、5度下引力、隣接音引力の3種類がある。これらが調性内に持ち込まれたときに、機能というものが発足する。
  • 調性引力

    7CM理論-調性引力

    前回までに見た音楽の中で働いている引力、これを調性の世界に展開する。調性引力は調性内の音を求める引力をベースに①中心音引力、②5度下引力、③隣接音引力を大きく3つ存在する。これらのかみ合わさった形として今後機能や調性引力という概念に発展していく。
  • 機能分類

    7CM理論-機能分類

    前回までに定義した7CM内に生じる引力を元に、7CMの機能を分類していく。観点は中心音とその関係。ここではT,D,d,L,l,S,sを引力性質を元に定義する。最終的には従来のT,D,S,SDm,Dm等を分解していく。
  • 機能の正体1概要動機編

    7CM理論-機能の正体(概要・動機編)

    7CM調性内の音たちに対し、現実的・実践的に機能を考える単位とその概念について記述していく。まずは概要と動機について記述する。
  • 機能の正体2詳細篇

    7CM理論-機能の正体(詳細編)

    7CM調性内の音たちに対し、現実的・実践的に機能を考える単位とその概念について記述していく。機能は単音が持つ。そして複数の音は次のように単音と見なす。①ベース域のものは単音とする②音をいくつか束ねて単音と見なす。このとき束ね方で和音の「感触」を持つことになる。

サイトトップ > Note of the 7CM. > 基礎編 > 引力と機能